日本国債の特徴

日本という国が発行する債券のことを日本国債といいます。
日本は国会で予算が定められていますが、毎年一定のお金はこの日本国債で補われているのです。
そんな日本国債の特徴について、以下で説明していきます。

さて、日本国債は日本という「国」を相手に投資するのです。
投資をするときには常にリスクが付きまとい、投資先が破綻した時は莫大なリスクが生じてしまいます。
その点、日本という「国」が破綻するようなことはそうそうありませんので、最もリスクが低いといえます。

また、5万円から始められますので、リスクを気にする必要はさほどありません。
ある程度お金を国債として投資しておいても、元金が戻ってこないということはそうありません。

その代わり、リターンも少なく、もらえる利子は大した金額にはなりません。
年2回利子が貰えるものの、1%にも満たない利子ですので、それほどリターンは期待できません。
それでも、銀行に預けておくよりは高い利子をもらうことが可能です。

満期は3種類あり、いつでも中途解約できるという点も嬉しいです。
満期には2年・5年・10年の中から自分で選ぶことができます。

リターンはあまり見込めませんが、それでも銀行に預けているよりは期待できます。
リスクも低いため、安全な投資先として日本国債を買って投資していくのもよろしいでしょう。

しかしながら、日本という国が破綻する可能性は全くありえないというわけではありません。
日本という国に対して、破綻するリスクを提唱する声もあり、全くのノーリスクというわけではないのです。
実際に、日本という国は近年、赤字国債が増え続けており、全く安心で破綻する確率0%と胸を張って言える状態でもないということはご理解ください。


ページトップへ
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) わかりやすく解説!国債の基礎知識 All Rights Reserved.