購入までの流れ

定期預金よりもお金を有効に運用できる個人向け国債に興味を持った方もいらっしゃるかと思われます。
こちらでは個人向け国債を購入するまでの流れについて説明していきます。

まず、個人向け国債はいつでも購入できるというわけではありません。
募集期間がありますので、それについてはインターネットで調べておきましょう。
個人向け国債以外の臨時の国債なども発行されることもありますので、注目しておきましょう。

さて、募集期間になりましたら、まずは個人向け国債を取り扱う金融機関をチェックしましょう。
多くの金融機関や証券会社、郵便局などで購入することができますので、購入しやすいところを選びましょう。

購入のためには購入する代金、印鑑、本人確認書類などが必要になってきます。
本人確認書類とは、いわゆる身分証明書みたいなもので、自動車免許証などが該当します。
あとは金融機関で個人向け国債用の口座を開設すれば購入可能となります。

国債は書面などを使わないペーパーレスの国債に切り替わり、口座上の記録で管理されるようになりました。 そのため、個人向け国債を買う際には、必ず口座を開設する必要がありますので、口座を開設しましょう。 その口座開設のためにも印鑑や本人確認書類が必要になってきます。

個人向け国債は大体5万円からの購入となりますが、どの国債に投資するかは自由です。
満期(3年・5年・10年)で選ぶのもいいですし、金利で選ぶのもよろしいでしょう。
途中解約もできますので、ぜひ個人向け国債を購入してみましょう!


ページトップへ
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) わかりやすく解説!国債の基礎知識 All Rights Reserved.