どんな人に向いているのか

個人向け国債はどういった人々に向いているのでしょうか。
個人向け国債は定期預金と似ていますので、定期預金をするときの考え方と似ています。

例えば、子供の教育費などが適しているといえるでしょう。
子供の教育費は1000万円以上かかることもある、大金です。
そういった使用用途があらかじめ決まっているお金を貯めていく際に個人向け国債は適しています

定期預金をするよりも金利が高いのですし、預けていても国家経済さえ破綻しなければ元金を保つことは可能です。
銀行の定期預金より効率がいいので、教育費などを貯めつつ個人向け国債を購入するのをおすすめします。

銀行に預けているお金で個人向け国債を買ってみるのもよろしいでしょう。
リスクが少ない投資ですので、銀行にあるまとまったお金を増やしていくことも可能です。
金利の動向に不穏な動きがあったときは中途解約してしまえばいいのです。

先ほどから述べていますように、個人向け国債は非常にリスクが低いのが特徴です。
国家経済の破綻はよく専門家なんかが警鐘を鳴らしていますが、それでも滅多にあることではありません(保証はできませんが)。
投資をしたことがないという方にとっては、練習感覚で個人向け国債をしてみるのもいいかもしれませんね。

以上で説明しましたように、リスクが低く、リターンも低いというのが個人向け国債の特徴です。
そのため、銀行の定期預金のように、コツコツとお金を地道に貯めて、それに加えて少しのリスクをあげたいという方にオススメです。
元本割れのリスクが引くので初心者の方にもオススメです!ぜひ個人向け国債を買ってみましょう!


ページトップへ
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) わかりやすく解説!国債の基礎知識 All Rights Reserved.